【JLラングラー】バッテリー上がり…メインバッテリー&サブバッテリーを交換しました

冷え込んだある朝、ラングラーのエンジンをかけようとすると…

「ウゥンッ…」

セル回らず。

 

ついにバッテリー上がりました。

 

先日メインバッテリーの電圧を測ると12.3Vでしたので、もうそろそろ交換だなと準備しておいて正解でした。

 

JLラングラーのバッテリー交換

 

ちなみにバッテリー上がり時の電圧は11.8Vでした。

約3年使用、もう寿命と考えて充電はせずに交換することに。

 

早速交換していきます。

(※交換手順は下記記事をご参照ください)

 

JLラングラーのバッテリー交換手順

 

シミュレーション通り、交換はとても簡単でした。

取り外したついでに、メインバッテリーとサブバッテリーの品番等を。

 

【メインバッテリー】

JLラングラー メインバッテリー

 

【サブバッテリー】

JLラングラー サブバッテリー

 

バッテリー上がり後のそれぞれの電圧はこちら。

 

【メインバッテリー】

バッテリー上がり後のメインバッテリー電圧

 

【サブバッテリー】

バッテリー上がり後のサブバッテリー電圧

 

使用期間は2年11ヶ月でした。

ちなみにバッテリー充電などメンテナンスは一切無し。

運転は週5回、1回の走行距離は短く平均1~5km程度。

月に2回ほどは20~30km程度を走っていました。

チョイ乗りメインですが、充電しなくてもこれだけ持ったので純正バッテリーはなかなか品質高いかもしれませんね。

 

今回、交換したバッテリーは

・メインバッテリー…VARTA AGMバッテリー 570 901 076 silver dynamic AGM

・サブバッテリー…BOSCH BLACK-AGM BLA12-2

 

楽天で安いお店を探して、メイン1.9万円、サブ1.6万円の合計3.5万円で済みました。

 

純正と同等レベルのバッテリーですが、どれだけ持つのか?検証してみます。

ちなみに今回は時々充電してメンテナンスしてみようかと思っています。

 

バイクのバッテリーは、繋ぎっぱなし充電のオプティメイト4を使っていますが、50Aまでの対応なので、ラングラーには時間がかかり過ぎて不向きです。

ということで、話題のCTEKバッテリーチャージャーを購入しました。

 

今回、電圧をチェックしながら乗っていましたが、始動時のセルの重さなども一切感じず、ある日突然死。

やはり寒いシーズンはバッテリー急激に劣化しますね。

これからは2年半を目途に、交換していこうと思います。

 

JLラングラーのバッテリー交換手順

 

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です