【掘出記事】ロカビリー聴きながらハイボールでも…


「過去ログから人気記事を掘出し!」のコーナー~

 

 

“ハイボール”
今やすっかり定番化したカクテルですね。

「ウィスキーをソーダで割っただけ」という簡単なものですが、これが飽きない。

 

ハイボールの由来は諸説ありますが、有名なのが昔のアメリカ鉄道の話。

 

信号機の代わりに、長い棒に球を付けた”ボール信号”
これが高く上がったら、列車が来る合図。

駅員は、隣駅のボール信号が上がったのを確認したら、すぐに準備しなければならない。

“ハイボール”を確認した駅員が、
飲んでいたウィスキーにソーダ水をガバッと入れて飲み干し
急いで仕事に向かっていたことから、
“ハイボール”と呼ばれるようになったとか。

飾ってる話だとは思いますが、
なかなか面白いですね。

 

ハイボールに使う
アメリカ産ウィスキー&バーボン。

 


JACK DANIELS(ジャックダニエル)

 


OLD CROW(オールドクロウ)

 


JIM BEAM(ジムビーム)

 

辛口で男性向けと思われがちなハイボールですが、
JIM BEAMは香りも甘さも女性ウケが良い。
ハイボール初心者にも飲みやすいようです。

 

もちろん、
グラスもアメリカ製で!

 


Libbey ジブラルタル・ロック No.15248

 

【Libbey(リビー)社】
1892年アメリカで設立されたグラスメーカー。
設立当初は手作業で生産していたが、第二次世界大戦後は全米初の機械生産を導入。
一般家庭はもちろん、レストランやカフェなど、Libbey製のグラスが愛用されるようになった。

価格も手頃で、デザインもいかにもアメリカ。
色々なデザインのものが出ています。

アメリカ Libbey(リビー)製グラス一覧はこちら

 

ちなみにグラス以外にも、
ソルトシェーカーがかなりイケてます。


Libbey ソルトシェーカー No.5045

 

アメリカンなデザイン、キッチンやテーブルの雰囲気を盛り上げてくれます。
このソルトシェーカー、お高くないです。
驚きの300円前後です(笑)

 

ではでは、
ロカビリー聴きながらハイボールでも…

 

◇◆◇◆◇
アメリカ Libbey(リビー)製グラスはこちら

◇◆◇◆◇
ロカビリー総合情報サイト
「ROCKABEAT.NET」
http://www.rockabeat.net

HP,BLOGの更新情報はtwitterfacebookにて配信中!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です