【ファッション】 まるでドクターマーチンとのコラボ??なジョージコックスの8ホールブーツ


1906年創業、イギリスの老舗革靴ブランド「GEORGE COX(ジョージコックス)」。
1949年に登場したゴム厚底”ラバーソール”は、今なお生産され続ける大ヒット商品です。

 

 

イギリスではテディボーイ・ファッションの定番アイテム。
60~70~80年代と、ロカビリーやパンク、モッズブームを背景に、
多くのロックンロール・ロカビリー好きの若者に支持されました。

ロカビリーアーティストにもジョージコックス愛好家は多く、
ブライアン・セッツァーもその一人。
ライブなどのパフォーマンスでは必ずと言って良いほど着用しています。

 

 

今回はそんなGEORGE COXからちょっと面白いタイプをご紹介。

 

14481 8ホールブーツ

 

どこかDr.Martens(ドクターマーチン)らしさも感じる8ホールブーツ。
それもそのはず、元々Dr.Martensのブーツを製造していた工場に別注したモデルなんです。

まさにGEORGE COX×Dr.Martensのコラボモデル??

ドクターマーチンを愛用しているサイコビリーファンにも、
ジョージコックスを愛用しているネオロカビリーファンにも、
どちらのファッションにも馴染むブーツに仕上がっています。

ちなみにインサイドジップ採用で、編み上げブーツ特有の煩わしさはありません。

 

カラーラインナップはこちら↓

 

 

 

 

 

 

 

ステッチは白色なので、好みの色ペンで塗るカスタムもオススメです。

 

【販売ショップ:GEORGE COX SHOP】

GEORGE COX通販ショップ

◇◆◇◆◇
GEORGE COX 14481 8ホールブーツ

◇◆◇◆◇
GEORGE COX特集ページはこちら

 

◇◆◇◆◇
ロカビリー総合情報サイト
「ROCKABEAT.NET」
http://www.rockabeat.net

HP,BLOGの更新情報はtwitterfacebookにて配信中!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です