【掘出記事】 ロカビリーな腕時計ハミルトン・ベンチュラの電池交換


「過去ログから人気記事を掘出し!」のコーナー~

 

今日の掘出記事は、

このサイトをご覧の方、多分5割以上、いやそれ以上?の方が持ってるのではないでしょうか…

皆さん大好き、ロカビリアン御用達ハミルトン・ベンチュラ。

 

ハミルトン・ベンチュラ電池交換の方法

 

写真は管理人所有。

ちなみに左がメンズ、右がレディースです。

 

ベンチュラは電池で動く「クォーツ時計」ですので、必ず電池切れの時期がやってきます。

高いお金を払って時計屋さんにお願いしてる方、めちゃくちゃ簡単に交換できますので、メンテナンスの一つとしてぜひやってみてください。

きっと、さらに愛着が湧きますよ~

 

さて、電池交換の方法ですが、まず用意するのは精密機器用の+ドライバー。

ダイソーなどの100円ショップでも手に入ります。

 

裏蓋を止めてある3つのネジを外します。

 

ハミルトン・ベンチュラ電池交換の方法

 

フタに沿って防水用の細い縁ゴム(※)が付いていますので、ちぎれないよう&無くさないよう注意します。

※写真には付いていません。

僕のは既にゴムが朽ちかけてたので、ちぎって捨てました。

ワイルドだろぉ~…

 

丸いボタン型電池が見えますので、優しく取り外し、新しい電池と交換します。

ボタン電池の型式はSR920SW

再び裏蓋を閉じて、電池交換完了です。

 

日本製の電池であれば、一度電池交換すれば数年持ちます。

秒針が数秒毎に遅れて動き始めたら、交換時期です。

 

◇◆◇◆◇
ハミルトン・ベンチュラ特集記事はこちら

 

◇◆◇◆◇
ハミルトン・ベンチュラの一覧はこちら

 

◇◆◇◆◇
ロカビリー総合情報サイト
「ROCKABEAT.NET」
http://www.rockabeat.net

HP,BLOGの更新情報はtwitterfacebookにて配信中!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です