【ロカビリー名曲・名盤】 ドイツのネオロカビリーバンドGate Crashers – Twenty Good Reasons


今日のオススメ名盤は、
スカの要素感じる80’sネオロカビリーバンド「Gate Crashers」から、
ロッキンな一枚をご紹介~

 


Twenty Good Reasons

 

ドイツの超有名な80’sネオスカバンド「The Busters」のヴォーカル、
Klaus Huberらで結成されたネオロカビリーバンド。

今回は2006年の名盤をご紹介~!

 

 

[メンバー]
Klaus Huber – Vocals
Burny Schwarz – Guitar
Rolf Breyer – Bass
Stefan Breuer – Drums

 

[Tracklist]
01.Twenty Good Reasons
02.Come To Me
03.Something Bad
04.Oh Julie
05.Buy Me
06.Keep Your Hands To Yourself
07.Heart Like A Whale
08.Lipstick, Powder And Paint
09.Lost Train
10.Let It Show
11.Got No Gas
12.When Will I Be Happy
13.Driving On A Highway
14.Juana
15.I Like Rock’n’Roll
16.Green Cadillac

 

 

◇◆◇◆◇
Gate Crashersの音源一覧はこちら

◇◆◇◆◇
ROCKABEAT.NET推薦のロカビリー名盤集はこちら

◇◆◇◆◇
ロカビリー総合情報サイト
「ROCKABEAT.NET」
http://www.rockabeat.net

HP,BLOGの更新情報はtwitterfacebookにて配信中!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です