【ハーレー・ショベル】目玉からのオイル漏れ修理

ショベル乗りあるある。

目玉(ロッカーアームシャフトシール)からのオイル漏れ。

 

ショベル ロッカー 目玉

 

増し締めしてもオイル漏れが直らない場合は、Oリング交換します。

 

後期ショベルの場合は、目玉はヘックスで外します。

簡単ですが、注意したいのがロッカーアームシャフトとの共回り。

 

無理して回して反対側のナットを外してしまうと…

ロッカーアームシャフトが抜けて大変なことになります。

(※シム脱落でヘッド開けないといけなくなります)

 

これを避ける良い方法がYouTubeに。

 

 

しっかり暖気してエンジンを温めてから外すと、共回りなく簡単に外れるそうです。

インパクト使う方法が定番と思っていたので目から鱗!

 

ちなみに、冷間時に無理した場合はこうなります…

 

 

こわ~

こちらの動画の投稿者さん曰く、その後も変わらず走行できているそうですが、シム脱落してますよね…

 

ということで、

「目玉のOリング交換はエンジン温めてから」

 

ちなみにOリング(ロッカーアームシャフトシール)はゴムより耐久性の高いテフロンを。

 

 

ショベル用ロッカーアームシャフトシールの一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です